ニジイロボックス@blog
社会人1年生・ろん♪の『のほほん日記』ブログ版。 「ニジイロボックス」とは「様々な色(日常・オンガク・オイシイモノ・心etc..)が詰まった箱」。さぁ、今日はナニイロが見える?
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画見たい
2005-11-21(Mon) 00:04
珍しく、映画見たい病です。
普段あまり見る趣味ないんですけど、
今の時期は見たい映画がいっぱいあるのー!

今のところ見たいものは・・・

・同じ月を見ている
・春の雪
・ALWAYS
・大停電の夜に
・私の頭の中の消しゴム
・カーテンコール

・・・殆ど邦画じゃん(笑)
私はやっぱり邦画好きのようです。

スポンサーサイト
-広い世界を見る-GO
2005-11-17(Thu) 23:28
テレビを見てて、ちょっとした話で涙が溢れて、
なんかそんな気分って言うか浸りたい感じになったので、DVDを見ました。
見たのは「GO」。
「フライ、ダディ、フライ」見てから金城さんの作品見たくて、
その勢いでだいぶ前に92さんから「GO」を借りたまんまだったなーと・・・。
いや、パソコンでしかDVD見れないのに調子悪くってさ・・・(言い訳)

FDF見た時からの予想で、いわゆる感動物ではないけど
何か考えさせられる感じかなと思ってました。
そんで、うん。そうだった。
描かれ方はシンプルだと思う。
そういう言動かよ!と驚きつつも、それが何だか面白い。
演出がクドカンって感じ。それがまた良いとも思う。
とりあえず、最初の飛び蹴りはキレイに決まりすぎてて笑いました。
最初のバスケのシーンね。
最後のシーンで、桜井(柴咲コウ)はこの時の光景を見ていて笑ったのだと
杉原(窪塚洋介)に話すのだけど、
あ、何だかわかるなー桜井の気持ち。と、妙なシンクロ感。

暴力シーンや、杉原の親友?が亡くなるシーンはリアル過ぎてちょっとキツかった(^^;)
ただ単に酷くて見てられないってのもあるけど。。
人の正直すぎる気持ち、行動、言葉、出来事。
それがとてもリアルに描かれていて、ストレートに伝わる分少しキツイ。

登場人物の言葉はそんなに多くはないと思います。
言葉少なく、でも思いはそれぞれ溢れて溢れて。
シンプルだからこそ、わからないこともあるけれど伝わるものもあるのかなと。

国籍の問題は難しいです。
自分にとって日本人であることは当たり前すぎて、
それにアイデンティティーを感じているかというとよくわかんない。
私は小さい頃から外国人が近くにいる生活を送ってきた。
それが影響してるのかは本当かわかんないけど、自分と国籍の違う人達が側にいることは
あまり気にならないと思う。
だからといって、桜井の気持ちがわからないこともなくて、
だから完全に気にならないとはいえないかもしれないけど・・・。うん、難しい。
でも少なくとも、自分の身の回りにいる友人とかは、国籍が違うとしても友人には変わりない。
うん、それだけは言える。

あーーーーーーーーー。
でもね、何かもう、難しいこと考えるのは好きじゃないから、難しい話は置いておく。
そういうのも伝わったけれど、人を思う気持ちとか、悩みとか、
温かさとか、そんな単純でシンプルな部分を見れた気がして
「あ、この映画好きだなー」って思いました。
こんな感想でごめんねって感じですけど(^^;)
悩んでもがいて、傷ついて傷つけて。
そんでも人は生きてく、進んでく。


「広い世界を見るのだ。」
好きだな、この言葉。
他にも好きな言葉があったんだけど後は忘れちゃった。
ダメじゃん(爆)

なんかまとまりない感想ですが、こんな感じで。

星に願いを
2005-08-27(Sat) 21:14
星に願いをを見ました。
久しぶりにドラマ見たー。
何となく、気になってたのです。
ドラマのモデルとなった太平さんのこともちょっと前に知ってたし。

「僕はプラネタリウムを作る機械だから。」
ドラマの中で出てくる、大平君(堂本剛)のセリフの一つ。
小さい頃からものつくりがダイスキで、それの為に一心不乱になる子だった。
人の話なんて聞いてなくて、プラネタリウム作りに没頭して。
それゆえ何度も人を傷つけてしまったり。
仲良くしてもうまくいかない。悲しませてしまう。
だから僕は機械になる

何だか少し悲しくなりました。笑顔でそんなこというんだもの。

けれど彼にもちゃんと心はあります。
自分の想いを胸の奥底にしまいこんで、幼馴染(優香)と友人(藤木直人)を引き合わせ。
一人プラネタリウムの側で涙をこぼして。
そんな彼に、小さい頃から通いつめたプラネタリウムの館長は
「お前は機械じゃない」と語りかける。
何だか私も胸がいっぱいになって、泣いてしまいました。

彼が個人で作り出した「メガスター」を映し出すシーン。
テレビを通してもとてもキレイな世界に心を奪われました。
ヤバイですよホント!!とてもキレイなのです。
天井だけでなく、そこにいた人達にも映りこんだ星の光は
自分自身まで星になったような感覚になれるのかな。

最後のシーン。
「一人でも大丈夫」と言った彼の元には
家族、大学の頃の友人、会社の同僚等、様々な人達がビー玉を手に集まります。
「間違ってた。僕は一人じゃなかった。」
ぽろぽろと涙をこぼす彼は、星のようにキレイな心をした人でした。
純粋すぎて、素直すぎて、傷つきやすくて。
そんな彼の姿は私の心に響いて、心から溢れたものは涙に変わりました。

星に願いを。
彼は星に願いをかけるように、星を作り出したのでしょうか。
自らの手で。

モデルとなった太平さんは現在、プラネタリウムクリエイターとして
なおも星を作り続けているそうです。
彼の作ったメガスターをプラネタリウムで見ることが出来るのだとか。
プラネタリウムなんて小学校の時見たっきりだけど、また見たいな。

実家ではよく星を見てたけど、横浜ではあまり見てないかも。
空を見上げ、星空に包まれる心地良さはとても好き。
時間が出来たら、見に行こうかな。

メガスター
http://www.megastar-net.com/




...Read more ?

映画の感想
2005-08-01(Mon) 19:00
今日は映画の日♪1000円の日~♪
ってことで、34と「フライ、ダディ、フライ」見に行きました☆
つーか今日しかお互い時間がなかったからなんだけど(^^;)
これ、良かったですよ☆
「岡田かぁっこいいvvv」は34に任せて(笑)
ネタバレしつつ感想をば。
見たくない人ごめんなさいねー。




...Read more ?

オススメイベント
2005-03-20(Sun) 02:41
リンクも貼っているカメラ★ライフの個展が今開催されています。

Emi Komagata Photo Exhibition Vol.3
Camera★Life in FRANCE

3/17(木)-3/22(火) 12:00-20:00 @にじ画廊
http://www.cameralife.com/page/exhibition.html

コマガタさんの個展は2002年に一度行ったことがあります。
何となく温かみを感じて、好きな写真家さんです。
(グッズも可愛くてお気に入り♪スイミーTシャツ買いました。)
そんなに頻繁に個展開いてないようですし、この機会にどうでしょ?
ろん♪は21日にパン子と行ってきます。
むしろ興味ある人、一緒に行きましょ☆

月別アーカイブ
六花の部屋

アフィリエイトとか

→ブログジャンキー入ってます

アフィリエイトはエーハチネット

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

着信メロディ

着うた

介護の求人情報ならケア求人ナビ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
プロフィール

ろん♪

  • Author:ろん♪
  • Love→食べること、歌うこと、寝ること。

カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。